効率的な勉強方法は?

塾講師をしていた経験から、よく「効率の良い勉強方法はありますか?」と聞かれることが多かったのですが、そもそも、私は勉強に効率も何もないと思っています。

その場限りの「暗記」であれば、一夜漬けでも語呂合わせでも何でも良いと思いますが、英語のように、積み重ねが大事な教科、さらに大学受験においては必須科目ですから、ちょっとやそっとかじるように勉強しただけでは、「覚える」ことはできても、残念ながら「身につく」ことはないのです。

しかし、それでも生徒たちは勉強しなければいけませんし、受験日も刻一刻と迫ってきます。限られた時間の中で、他の生徒よりも1点でも2点でも多く点数を取らせてあげなければいけません。

そのためには、まずは生徒が「わからない」部分を把握しなければいけません。よく、「どこがわからないのか、わからない」と言う生徒がいます。

英語を苦手としている生徒の多くは、こう思っているはずです。ですから、自宅学習などで自分で英語を勉強しても、なかなか成績があがりません。

英語勉強の最初のステップは、【どこでつまずいているかを知る】ことです。例えば、算数では掛け算ができなければ割り算はできません。割り算ができるようになるには、まずは掛け算の復習をしなければいけませんね。

それと同じことで、英語もつまづいている箇所まで戻って復習しなければ、いつまでたっても成績は上がらないのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

復習がカギ!
どこでつまづいているのかを知ることが大事だと申し上げましたが、もし、高校生が中学......
最高の問題集は教科書です
以前に指導していた生徒で、塾での自習時間中に市販の問題集を解いている生徒がいまし......
予習と復習、どちらが大事か
学校の勉強の積み重ねが受験勉強の基礎になるのですが、予習と復習はどちらが大事なの......
辞書をひこう
近年の生徒の英語学習方法を見ていて感じたことは、「辞書を引かない」生徒があまりに......
勉強の仕方
具体的に、英語の勉強方法はどうすれば良いのでしょうか?学校の授業を基本としますの......
テレビやインターネットで英語を学ぶ
テレビやインターネットでの英語の勉強もオススメです。ただし、これをメインにするの......

▲このページのトップへ